あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

北ア・奥の院/雲ノ平と鷲羽岳、水晶岳へ

◆1018年8月27日(月)~31日:NHK放送「秋トレッキング・秘境
 ベスト1位」の雲ノ平へ(^-^)
 平成12年にも雲ノ平、高天原温泉のトレッキングを実施したが
 あれから山小屋も変わっているでしょうネ?
 しかしなんて言う事でしょうか「悪天候」なんです(+_+)

▼新穂高温泉が登山口で駐車場から登山センターへと向かう

▼初日の宿までは途中笠ヶ岳への笠新道登山口を通過する

▼初日と三日目の2泊お世話になったわさび平小屋//お世話になりました

▼小屋を出て林道から小池新道へと登りだす~カッパ姿がクヤシイ( ;∀;)

▼天候が悪く双六小屋にてホットミルクにて身体を温める

▼2泊お世話になった三俣山荘//歴史のある雰囲気いい小屋です(^^♪

▼水晶岳への途中の水晶小屋にてしばし暖を取る

▼ワリモ北分岐付近から見上げた水晶岳

▼山頂のダイジェスト版・・・どの山頂もガスっていて( ;∀;)

▼黒部源流にはたくさんの清冽水が注ぐ

▼黒部の源流部にて黒部源流水源地の碑を囲んで

▼黒部源流にはたくさんの清冽水が注ぐ
 (右)黒部源流を渡渉しひと登りすれば泊り場の三俣山荘に帰りつく

▼三俣山荘から見る大天井岳と硫黄尾根
 
▼、三俣山荘の前から見上げた鷲羽岳

▼、北アもしだいに草紅葉が進みだしている
、双六岳からの下りに見下ろす双六小屋と樅沢岳 
▼双六岳からの下りに見下ろす双六小屋と樅沢岳

▼双六小屋から見上げた双六南峰

▼帰路途中の鏡平小屋にて思い思いに昼食をいただく(^^♪

▼小池新道を下降する途中に見渡す穂高連峰

▼小池新道は手入れが行き届いており石畳の歩道となっている

▼途中で見た花と木の実や草の実


*今年は登山天候の当りハズレが大きくて( ;∀;)クヤシイです
 休日は山も混雑するので平日をネライました、駐車場はみごと
 空いてたが、天気はハズレました。
 行け損なった「雲ノ平」来年、再チャレンジします。

WILD-1郡山店でのファースト・エイド

■2018年7月29日(日):登山者の増えるこのシーズンに備え
 よく有る事故、ケガにどう対処したら良いのか?
 一緒に行った仲間がケガしたら、又は傷病者に出会ったら~
 どうすれば良いのでしょうか?

 ファーストエイドはそんな時、救急車、ヘリが来るまでに応急
 処置をあなたはどうするか?です

▼多いのが木道や滑る下り道で転倒し、手首を骨折する場合
 です、三角巾、シーネを使い固定します・・・
 下りで膝のトラブルの発生も多いですね、テーピングのやり方も

▼WILD-1郡山店様には多くの登山、アウトドア用品が展示されて
 います

▼特に使い方、選び方の難しい商品も専門的に教えてくれるので
 初心者の人でも安心です

*「誰かがやってくれるから~」「自分はそんな事にならない
 から・・」「救急車、ヘリを呼ぶから~」ではすみません
 登山者は最低やるべき事が有ります

シニアサポート・プログラム飯豊山


◆2018年8月14日(火)~17日:今年2回目の飯豊山
 シニアサポートで憧れの山へ「娘6人組」がチャレンジしました
 しかし生憎の天候で( ;∀;) 大日岳は踏めずザンネンでした


▼飯豊の登山口のある山都はそばの山地、宿へ行く前に「いいでの湯」
 にて入浴とそばを堪能する

▼川入の民宿を出て歩き出し、まずはブナ巨木のそばで一息つく

▼水場の峰秀水付近から剣ヶ峰越しに眺めた三国岳
 あそこまで行くんだ"(-""-)"

▼今年は例年にない少雨で峰秀水も涸れ気味だ

▼飯豊は信仰の山らしく道端に散米の名残の古銭が撒かれている

▼三国岳へと突き上げる剣ヶ峰は修行の登拝路、クサリ場が二箇所ある

▼剣ヶ峰は長い岩稜帯となっている

▼三国岳を出てすぐの駒返しの岩場は短いがハシゴがかけられた難所だ
 
▼切合を越して草履塚へ登る途中に広がるお花畑の草原 ・・・

▼飯豊へのもうひとつの岩場は御秘所だ慎重に慎重に越して行く
 
▼食品の販売がある飯豊本山小屋で夕食を頂く

▼次の日、大日岳へ向かう予定だったが悪天のため本山小屋で停滞、
 小屋管理人の計らいで昼食は自作のポテトチップス(^^♪

▼下山日に本山だけを踏んで下りてゆくが天候が良くなる兆しは見えない

▼まだ8月なのに稜線は草もみじが始まり秋はもうそこまで来ている

▼、本山小屋管理人さんご夫妻と記念撮影~今回もお世話になりました

▼めまぐるしい天気で晴れと雨が繰り返され実川源頭部に現れた虹と日なた

▼下りてゆくにブナの巨木まで来ると登山口へはもう間もなく・・

▼悪天候にもかかわらず無事下山する

▼飯豊の木の実と花


*近年この異常気象が続いています、西日本豪雨、同じ東北で秋田県の
 ゲリラ豪雨、40度以上の猛暑、日本だけでなく世界的な・・・度重なる
 台風発生~
 冷たくて美味しい峰秀水がタラタラとは初めてです
 
 福島県内の農業ダムも底をつき、放水できない所もでていて、農作物
 への影響がが"(-""-)"
 これから飯豊山に登る人は特に水に注意が必要ですよ!

シニアサポート・プログラムの飯豊山

◆2018年7月30日(月)~8月2日:毎年の恒例プランですが
 お盆の8/14~は「どうしてもお盆中は出かけられない(+_+)」
 そんな人向けに実施しました
 まだ7月なのに猛暑の中・・・飯豊も暑かった "(-""-)"

▼川入の民宿にて早い朝食をいただく

▼小白布コースを歩き出してまだ早い時間から暑さが襲ってくる

▼、登行途中で見られるブナの巨木~この辺りはまだ余裕あるが・・・

▼剣ヶ峰の途中から見上げた剣ヶ峰の岩稜帯上部と三国岳
 上を歩く登山者が小さく見える

▼三国岳の山頂から七森越しに見る飯豊本山が・・・(*_*)

▼七森と種蒔山の間の岩場を慎重に通過する

▼シニアサポートに多大なご協力をいただいている飯豊本山小屋

▼本山小屋前から見た朝日・・・印象的だ!(でも今日も暑くなりそう)

▼大日岳モルゲンロート・・今日はあそこへ!!

▼飯豊本山山頂に現れたブロッケン(うっすらと後方に・・)

▼飯豊本山山頂にて背後は大日岳2,128m・・・あそこを目指すんだ!

▼飯豊本山山頂から御西岳越しに見た主峰・大日岳2,128m

▼縦走路の分岐に立つ御西小屋

▼大日岳への途中から北股岳2,025mへの主脈稜線を眺める 

▼文平の池から見上げた大日岳

▼大日岳山頂直下から見た飯豊本山方向

▼ようやく待望の大日岳山頂にて

▼今年は記録的な少雨、本山の水場はチョロチョロ状態

▼下降途中に眺めた磐梯山・・・カッコイイね(^^♪

▼剣ヶ峰のクサリ場を下りる

▼固有種のイイデリンドウなど飯豊に咲く花々


*飯豊山頂2,105mは登ったが主峰の大日岳には行ってない人・・・
 も多い
 今回はそんな人も混じってのシニアサポートの飯豊山となった
 今シーズンで最高の天候、満開の花々、平日で混雑の無いユッタリ
 山旅を楽しんだ

ーガイドプラン・8月14日(火)~17日の飯豊山は予定通り実施しますーーー

私にも登れました(^^♪ 槍ヶ岳3,180m

◆2018年7月23日(月)~26日:やっぱり北アルプスと言えば槍ヶ岳か
 穂高岳に登りたい・・・と言う人に~
 なかなか登りたいと思ってもチャンスが無かった人を
 今年は連日の猛暑で・・・しかし山も暑かった"(-""-)"

▼槍ヶ岳の第一歩まずは上高地の河童橋にて気持ちを奮い立たせる

▼、梓川沿いに横尾へ向かう途中から見上げた明神岳

▼初日の宿は北アの常駐宿と化しつつある横尾山荘

▼槍ヶ岳山荘を足下に慎重に慎重に岩場を越えてゆく

▼槍ヶ岳の山頂にて、大満足

▼登頂後槍ヶ岳山荘にて乾杯、いつものこの行動はイイネ(^^♪

▼槍ヶ岳山荘前から暮れなずむ槍ヶ岳の穂先を見る
 「明日も暑そう・・・」

▼次の日、陽が昇る直前に槍ヶ岳の穂先から俯瞰した槍ヶ岳山荘と笠ヶ岳

▼淡い朝の陽を受ける穂高岳山塊

▼下山日槍ヶ岳の穂先をバックに記念撮影パチリ

▼梓川沿いに積もっているケショウヤナギまたはドロノキの柳絮

▼徳沢にて清流に足を浸ししばし暑さを忘れる(足湯ではなく・・)

▼三泊目は明神岳を背に建つ「旅荘・山のひだや」電気のない木
 づくりの山荘で、とても食事も美味しい素敵なお宿です

▼宿舎ひだやさんのそばにある、幻想的な朝の明神池

▼槍ヶ岳周辺に咲いていた花々、さあ~ていくつ分かるかな

*いやはや猛暑の中、お疲れ様でした
 例年、週末は槍ヶ岳の山頂へは大渋滞ですが(+_+)平日で・・・
 お疲れ様でした
Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ