あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

年末は山梨の茅ヶ岳、乾徳山、羅漢寺山の三山へ

◆2017年12月11日(月)~13日:お正月はノンビリし過ぎる為、
 その前に歩いておこうと・・・山梨の三山を選びました
   
▼初日は昇仙峡羅漢寺山に足慣らし~最高峰の弥三郎岳へ
 白砂山に回り込み弥三郎岳を眺め

▼昇仙峡から見上げた覚円峰

 ▼今回二泊お世話になった石和温泉の温泉民宿で~当然夕食は
 ほうとう鍋だ(^^♪ Tさんにモデルになって頂きました

▼2日目は今回の本命、乾徳山へ~カヤト原から見た山頂部と
 月見岩

▼カヤト原から樹林に入ると間もなく岩場が現れる

▼新雪ハラリと来た山頂から富士山を眺める(^^♪
 
▼バンザーイ(^^♪乾徳山頂2,031mです

▼ 下山路は水ノタルから裾を巻くように国師ヶ原へと下りて行く

▼大平高原の途中で見た鹿よけが施された夥しい数の植林樹(+_+)

▼三日目、茅ヶ岳では尾根に出ると間もなく深田久弥氏終焉の地に~
 登山者として手を合わせる

▼ますは茅ヶ岳を通り越し最高峰の金ヶ岳へと足を延ばすが
 途中に今にも崩れそうな洞門が有る(+_+)

▼足元に茅ヶ岳を従えた富士を背景に金ヶ岳山頂です

▼三日間ドッピーカンの晴天に恵まれた今回の締め茅ヶ岳山頂1,704mで

▼登山口のある深田公園へと足も軽く・・・(^^♪

▼三日間ともその視界から離れなかった富士山を眺めた富嶽十三景

*今回、10月「紅葉の追加プラン」で実施できなかった乾徳山の
 リベンジで共に二百名山の茅ヶ岳、最高峰の金ヶ岳1,764mを
 目指した
 三日間、全日とも晴天に恵まれたのは今年でも数回しかなく
 締めに相応しい山行で、参加頂いた皆さまお疲れ様でした。
 

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ