あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

登山道が無い男鹿山塊の主峰・男鹿岳1,771mへ

◆2018年4月16日(月)~17日:当校のレベルアップを図るべく選んだ山
 はあの田中陽希さんも踏む日本三百名山の男鹿岳へ

 福島県と栃木県の県境、男鹿岳は登山道は無く今の季節がベター
 だが、今年は大雪でタップリと雪上を歩く予定だったが、春の異常暖
 かさで(+_+)
 雪が少なく~

▼初日は足慣らしに鴨山城址の愛宕山へ

▼愛宕山はエンレイソウで一杯だ! 奥会津の昼はヤッパリ地元特産
 の蕎麦だ(^-^)
 
▼泊りは囲炉裏のある会津高原温泉宿の夢の湯へ!
 
▼地元の食材をふんだんに使った食べきれない程で♪

▼2日目、登り口は車止めの有る釜沢橋から歩き出す

▼車道跡の沿道には春を告げるキブシの花がびっしりと咲いている

▼緩やかに高度を上げる車道は荒れてはいるが板室温泉を結ぶ県道である

▼田島と栃木県の板室温泉を結ぶこの県道はゲートから先はぜんぜん
 手入れはされていない

▼県道はまどろっこしいほど長く緩やかに高度を上げてゆく、
上部は残雪が現れる

▼ブナ林まで登るとさらに傾斜は増し所々で視界が荒れれる

▼前衛ピークの栗石山まで来ると男鹿岳の山頂は間近となる

 ▼登山道はなく残雪時期にしか踏めない男鹿岳の山頂にて
 
*今年の雪解けは異常に早く(*_*)・・・・例年GWが最高の雪上歩きの
 ルートがダメになったり~残念ですね
 しかしそれだけ早く登山道が現れ、雪道に慣れない人でも早く入山
 できる山々も有ります。
 

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ