あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

風薫るソウル・歴史の息吹トレッキング

◆4月15日(火)~18日:世界文化遺産で城郭の水原(スウォン)華城と
 北岳山のソウル城郭を訪ねた
 季節は日本と変わりなく桜も終わり新緑が清々しい

◇仁川国際空港からソウル駅直行の空港鉄道に乗る
 
◇ソウル駅前 活気があふれている

◇地下鉄1号線で水原まで約1時間チョット 料金は300円位・・・安い
 人口約90万人の水原市にこの遺産はあり「水原八達門」が出迎える

城郭は石積の要塞続き銃眼が空いている

◇華城(ファソン)は光教山登山コースへの途中にあり多くの観光客が・・
 折角の風景もPM2.5か?霞んでいる

◇この町の名物は味付けカルビらしいが別なものを 美味しい何種類の
 キムチが・・・生カキの入ったのも
 
◇ホテルから見るソウル市内の夜景、奥に若者に人気ソウルタワーが
 見える

◇次は北岳山(ブガッサン)・ソウル城郭のトレッキングへ 正面の山だ!

◇こんな花々が咲き乱れる中を歩く
  
◇城郭がソウル市をグル~と取り囲んでいる、この地域はパスポートで
 申請書を書いて通る(いくらか緊張)所どころに兵士がいて写真ダメ
 の所もあり。 山を越え、沢を越えうねうねと続く城郭 正面が山頂

◇写真には出ていないが脇に兵隊がいます、山頂です北岳山(白岳山とも) 
◇今日の終点、彰義門です。ここから更に南へ仁王山へと続く

◇ソウルはこんな城郭と大きな門で囲まれ、トレッキングが可能で
 多くの市民、外国人が歩いています

*ソウルに来て翌日大変衝撃的な事故が発生しました、修学旅行生を乗せた
 船が転覆沈没しすべてのマスコミは全日この放送、街の話題もこの
 ニュースでみんなテレビに釘ずけで固まっていた、一刻も早い救援を・・・

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ