あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

平安時代から続く道・熊野古道を行者と歩く

◆11月1日(日)~4日:昨年の熊野大社本宮から大雲取越~
 那智大社まで2日がかりで・・・

 *今年も黄色いミカン畑を眺めながら「スゴーイ風景」を
  見ながらここ和歌山まできました

 今年は中辺地のメイン王子の近露王子、小広峠から赤城越
 えで本宮まで・・・
 行者資格を持つUさんが難業苦行の古道を案内してくれた
 
◇さすが世界遺産・・外国人の人が多い

◇あいにくの雨~歴史を遡り古道を・・・

◇えっ・・・山道なのにナゼ・・カニがいっぱい、またオオ蛙が・・

◇こんな幻想的な風景は今日しか・・南紀の山々が「キレイ!」

◇赤城越え、余りの美しさに・・感激しました
 
◇7時間かかりようやく今日の宿、湯の峰温泉についた

◇日本最古の温泉「ツボ湯」から「大日越」を本宮までスタートです

◇とにかく「コケ・シダ類」がいっぱい
 
 ◇山伏の「ザンゲ・懺悔」の掛け声に「六根清浄」の応答で苦しい上りも
 いくらか安らぎます、みんなこの掛け声・・・覚えた 

◇本宮から八経ヶ岳(日本百名山の大峰山)を超え奈良県吉野まで約6日
 かかる「大峯奥駈道」にアプローチ

◇さすがこの奥駈道を何回も修行した彼の説明はナットク・・

◇熊野大社の眺める素晴らしい展望です、ユッタリ流れる熊野川も
 今回歩いた山々も・・去年歩いた大雲取越も眺められた・・「スゴイ」

◇参加したみなさんで~す(娘たちだけですが)みんな満足(^^)/

◇「大峯奥駈道」の修行は熊野川で身を清めて6日間で吉野の吉野川で
  身を清めて終わるそうです、大変な苦行です~
 そこで我々も熊野川を渡る事になりました
 
◇靴を脱ぎ、ズボンをまくりさあチャレンジです「コワ~ィ」

◇足の裏がイタイ、滑りやすく・・・流れは速い

◇でも何事もなく渡り切りました
 河原から目の前の「大鳥居の大斎原」を目指します

◇すべてのお願いを熊野本宮大社に託して・・

◇最後は白浜温泉で・・・千畳敷、三階壁の海岸で楽しむ
*この熊野古道で今シーズンのガイド企画をすべて終了しました、
 それも何事もなく・・・参加の皆様、ご支援頂いた皆さま大変
 有難うございました

 間もなく冬企画がスタートします、いろんなカタチでご紹介します
 「イキイキと冬場を乗り切りましょう」

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ