あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[09/12 setokyouko]
[08/19 rikuro ito]
[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]

固有種多産するアポイ岳など北海道の山旅

 ◆2019年5月26日(日)~29日:花の百名山にあるアポイ岳810m
 、折角あそこまで行くのだから日高山脈に尖ったピラミダルの
 楽古岳1,472m、支笏湖畔の紋別岳にチャレンジしました(^^♪

 しかし異常な暑さで(*_*;

▼、初夏に訪れる北海道、花の山アポイ岳を目指す

▼初日は移動のみで浦河町のなじみの宿で吉田屋旅館に泊った

▼吉田屋旅館は日高山脈への入口の荻伏にあり値段も手ごろ(^^♪
 
▼アポイ岳の登山道には羆よけの半鐘が下げられている

▼アポイ岳の登山道で出会うエゾシカ、ヒグマでなくてよかった

▼この日は北海道前代未聞の40度にも迫る猛暑日、暑い熱い

▼五合目の避難小屋前から見上げたアポイ岳

▼猛暑の中五合目の小屋軒下にて涼む

▼アポイ岳に咲く花

▼二泊目の泊まり場は立派なアポイ山荘

▼アポイ山荘の朝食

▼3日目はあまりの暑さに登山から観光に切り替えて、
 日高昆布採りとアポイ岳を見る

▼広大な日高の馬牧場を見て歩く

▼北海道は昼は当然ラーメンだ

▼北海道の定宿化した支笏湖の休暇村~いつもお世話になります

▼最終日は暑さも和らぎ宿から見上げたこれから登る紋別岳

▼紋別岳のぐんぐん高度上げる途中から振り返ってみた宿群

▼さすが北海道の山、戦闘機がひっきりなしに頭上を掠める

▼紋別岳の登路途中から支笏湖越しに見る樽前山と風不死岳

▼紋別岳の山頂から見渡した漁岳と空沼方面

▼紋別岳山頂から支笏湖越しに見る恵庭岳

▼支笏湖と樽前山をバックに紋別岳の山頂にて記念撮影

▼紋別岳の山頂にて

▼下山途中にドロノキの柳絮を飛ばして遊ぶ

▼紋別岳で見た花

▼再び機上の人となって帰路の途に着く
 
*今年は5月と言うのに真夏日が続いていますね
 北海道も暑すぎて熱中症に注意ください・・・・

******これからの北海道の山旅・ご案内*******

 7月21日(日)~25日 日本百名山の羅臼岳と斜里岳

 *一般の方でも参加できます
お問合せ・☎090-2028-9077 ✉yama-tabi50515@ezweb.ne.jp

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ