あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[08/19 rikuro ito]
[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

文化、歴史が色濃く残る里山「信越トレイル」

◆2019年6月12日(水)~14日:長野県北部と新潟県の県境「関田山脈」
 標高千mクラスの尾根沿いを歩くルート、しかし80kmもあるため
 何回かに分けてチャレンジする必要が有ります

    個性の有る北信五岳が全て姿を表してくれ(^_-)-☆
 
▼このトレイルのスタートはナント正面の斑尾山1,382mの山頂
 なんです、かえでの木の急登を~

▼季節外れで人のいないゲレンデはなんと静かで山菜も(^^♪
 このスキー場の下は多くのホテル、ペンンション村です
 
▼平日でほかの登山者は全く見えません、貸切状態
 まずスタート地点の山頂を目指す( `ー´)ノ

▼トレイルは標識がキチンと整備されておりトレイルクラブの
 発行している地図をセットで使えば初心者でも(^_-)-☆大丈夫

▼斑尾山より下山は万坂峠でもう新潟、長野の県境です

▼2日目:朝6時に万坂峠より出発です、まず袴湿原、袴山頂を目指す

▼どこででもタニウツギのピンクが歓迎してくれ( ^^) _U~~

▼小さな湿原ですが歩道に工夫があります

▼レンゲツツジのこの優しい色がいいですね

▼はるか上越市方面、そして日本海

▼ヒヤー妙高山が頭を出してお出迎え・・・

▼休憩場所は袴岳山頂1,135mです

▼道はシッカリと整備されていて(^^♪

▼朝日が葉脈を浮き出して~キレイ

▼コバイケソウが咲き乱れて

▼トイレも各所に整備されて

▼この湖の名前がイイんです希望湖とかいてノゾミコ
 いろいろ伝説がありそう、釣りもok

▼近くまで車できて湖を一周するトレッキングコースも有り
 縦走以外でも楽しめる、正面は初日登った斑尾山
 
▼3日目:5時すぎ昨日の下山口「涌井」からセクション3の出発
 今日もいい天気で~でも長野地方は30度と"(-""-)"

▼まずは軽い登りで樹林に入っていく

▼山菜も豊富に

▼朝日を浴びて富倉峠に到着~さてこの先黒岩山、桂池など
 5時間クラスの行程

▼満開のそば畑の奥に関田山脈、そこにトレイルが有ります

▼今日の下山口で戸狩温泉スキー場の中にルートが
 有ります

▼そこからの風景(^^♪誰かスイスの村みたい・・・って
 長野県の飯山市、野沢温泉村の方向です

▼元気に3日間ガンバリました
 
*この文化、歴史の残るロングルートはNPO法人「信越トレイルクラブ」様が
 復元、維持管理されています
 登山道、林道などはよく手入れされている事、オフィシャルマップに
 セクションごとにスタート、ゴールが記載されているので、その通り
 行動すれば下山後の交通手段、入浴、宿泊施設などが分かります

*今回は約1/3だけでしたので残りは紅葉のシーズンと来年になりそう
 ですが「ピークだけを目指さない山旅」継続します

ーーーーーーー6月、7月のプランーーーーーーーーーーー

6/18(火)ー21 甲斐駒ヶ岳2,967m 黒戸尾根からチャレンジします
6/26(水)ー28 飯豊、石転び沢の雪渓にアイゼン軋ませ

7/5(金)-6   山形内陸と庄内を結んだ六十里超え 歴史の道へ
7/8(月)-10    戸隠連峰の最高峰・日本百名山の高妻山へ
7/21(日)-25    北海道北東端、羅臼岳と斜里岳の日本百名山へ
7/29()-1         「私にも登れました」シニアサポート・飯豊山へ
 
  どなたでも参加できますーーご連絡を
   ☎090-2028-9077  ✉yama-tabi50515@ezweb.ne.jp


コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ