あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

山の天気はお天気屋さんで「朝日連峰縦走」

◆2017年10月18日(水)~21日:素晴らしい紅葉の中を大朝日岳から
 以東岳に山小屋3泊で・・・(静かな秋に浸っていたい・・・)
 縦走する計画だったが~(*_*) 

▼まるで大正時代にスリップしたかの様な趣のある古寺鉱泉だ(^◇^) 

▼ブナ林とキタゴヨウの尾根に出ると秋たけなわになった

▼秋の気配がマダ残っている

▼熊越から見下ろす黒倉沢はまだ秋の気配が濃厚に残っている~

▼山肌を彩るダケカンバの黄葉

▼道端のヒメサユリはもう花柄だけになっていた

▼大朝日避難小屋が目前になると大朝日岳山頂も間近に

▼大朝日岳山頂直下にたつ大朝日避難小屋から山頂まではわずか15分だ

▼小屋に着いたらマズこれでしょう(^◇^)幸い宿泊者は我々だけ

▼1日目夕方、小屋から眺めた主稜線は雲海がたなびいていた

▼大朝日避難小屋の管理人、今井さんお世話になりました

▼稜線で見つけたオレンジ色のナナカマド

▼いよいよ・・・縦走に踏み出すと間もなく雪が降りだした

▼すっかり雪景色に~西朝日岳1,814mの山頂

▼あたりの木々はすっかり雪帽子を被ってしまった(*_*)
 横殴りの雪が竜門山を襲う

 ▼雪のため縦走を中断して竜門山から清太岩山から日暮沢小屋
 を目指す

▼尾根を下降するに従い、秋たけなわとなって来る

▼ブナ林で秋の恵みを少しだけ頂く(^◇^)

▼今夜お世話になる日暮沢小屋は無人の避難小屋で3階建だ

▼早速さきほどブナ林で採取したきのこのを味噌汁にして頂く(^^♪

▼日暮沢小屋ではSシェフ特製のカレーを美味しく味わう

*例年、避難小屋に管理人撤退になったり、仮設の吊橋が外されたり
 する目安が10月の中旬頃なので~降雪が有るのは当たり前ですね。
 今回は前半に縦走を中止しエスケープルートを下りたのは正解でした(^◇^)
 
 また東北の山小屋は殆どが登山シーズンでも営業していない避難小屋
 なので食料(場所により水も)、シュラフを担ぎ自炊を余儀なくされます
 ので体力が必要です(*_*)・・・・・が、その分「素晴らしい自然が残って
 います」

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ