あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

裏劔縦走/立山~宇奈月温泉へ

◆2018年9月25日(火)~28日:人気ある裏劔縦走に久々
 のヘルメット着用でチャレンジしました。珍しく好天に恵まれ
 素晴らしい風景に大満足(^_-)-☆

▼室堂では冬毛に変わりつつあるライチョウがお出迎え

▼雷鳥沢は秋たけなわ(下) ▼立山一帯は生憎の天気だがガスとチングルマ
 の紅葉がいい

▼食事に定評がある剱沢小屋「毎年お世話になっていま~す」

▼2日目、とびきりの快晴で日本三大雪渓のひとつの剱沢雪渓を
 下降する

▼見上げる剱岳のスカイラインは紺碧の空とのコラボレーション

▼武蔵谷を見上げる

▼慎重に慎重に雪渓を下降する

▼雪渓を抜け出ると真砂沢ロッジが眼下に見えてきた

▼肝を冷やす足場の狭いヘツリの通過


▼仙人新道から三ノ窓雪渓越しに見上げる剱岳

▼小窓雪渓を見上げる

▼池ノ平の平の池越しに眺める剱岳


▼池ノ平山南峰山頂から見た北峰と毛勝三山方面

▼池ノ平山頂から北方稜線越しに見上げた剱岳

▼行きがけの駄賃の池ノ平山頂に

▼池ノ平山から見た鹿島槍ヶ岳

▼池ノ平山の山頂から見た針ノ木岳とスバリ岳

▼イイね(^^♪ 紅葉の仙人池に投影する剱岳


▼二泊目にお世話になった仙人ヒュッテ
 
▼4日目はオタカラコウ咲く沢沿いに仙人谷を下降して行く
 (右)もうもうと白湯気を上げる仙人温泉の湯元


▼仙人谷を渡り対岸に取り付く

▼沢から離れると黒部峡谷下の廊下まで厳しい下降が待っている
 (右)慎重に慎重に鉄梯子を降りてゆく

▼眼下に関西電力黒四発電所送電線口が見え出すと下の廊下の
 水平道はまもなくだ
 
▼程なく黒部川に架かる仙人谷ダムが足下に見え出す

▼仙人谷を丸木橋にて渡りダム建物内へと入ってゆく

▼ダム建物内のトンネルが通路となっている
 (中)ダムの建物を後にすると突然山中に現れる四階建ての関電の
   人見宿舎
 (右)水平道はいたるところにトンネルが現れる


▼水平道が途切れて急下降すると今日の泊り場の阿曽原小屋だ

▼毎年お世話になっている阿曽原温泉小屋

▼4日目、下の廊下水平道はいくつもの枝沢の滝が見られる
▼折尾谷に近づくと一枚岩を刻んだだけの歩道が現れる
 
ほぼ垂直の大岩壁にコの字に刻まれた水平歩道

▼大太鼓付近から見た下の廊下のシンボル奥鐘山は黒部三大岩壁
 のひとつ

 ▼志合谷の地下を潜り抜ける長い手掘りトンネルは
 ヘッドランプが必要だ

▼終点の欅平が近づくと白馬三山が山の合間に見え隠れする

▼長い下降路を下りきると終点欅平だ、お疲れさまでした

*扇沢からの下の廊下は何回か実施しましたが、今回は劔岳の
 裏側の風景を堪能しました(●^o^●)
 間もなく雪・・・のシーズンですがアイゼンが必要とは参加の
 皆さんもびっくりで~
 ガイドレシオでは場所がら数名のお連れしかできません
 今回キャンセル待ちとなりました方、来年もプランに
 入れたいと思います。
 
 

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ