あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

山形蔵王・樹氷源スノーシュートレッキング

◆2019年2月18日(月)~19日:「近場で樹氷を見たいネー (^_-)-☆」
 樹氷と言えば八甲田とか各地に見どころが有るが・・・

 今回は蔵王ロープウェイを乗り継げば標高1,660mの地蔵山頂駅
 まで行ける  「イイネ~(^_-)-☆ 楽に行けるよ」

▼標高1660mへ二基の長いロープウェイを乗り継ぐ
 何回か待つロープウェイのお客さんはホトンド外国からの人です

▼地蔵岳は残念ながらガスの中で眺望はお預けとなった

▼樹氷の合間を縫ってスノーシューで下降する 
 
▼オオシラビソ帯を下りきるとブナが見られ、綿帽子が綺麗だ

▼ゲレンデに出て横倉のかべ上部から瀧山を見渡す

▼樹林内の急斜面はズリズリとシリセードで(^_-)-☆

▼沢へと続く急斜面を慎重に横切る

▼今回の宿は山形蔵王温泉の国民宿舎、屋根から垂れ下がる
 大きな氷柱が印象的(どこも満員でようやく探した宿です)
 
▼次の日はまず昨日歩いたルートを外から眺めて瀧山ゲレンデへ
 
  ▼2日目は昨日のクールダウンで瀧山の裾野を闊歩する
 
  ▼歩行途中の瀧山ゲレンデからジャンプ台を眺める
   
▼誰も歩いてない雪は気持ちがよい


▼帰りは米沢の道の駅に立ち寄る、それぞれ思い思いの昼食をいただく
 
*今年は雪不足か暖冬か?モンスターには育ってなく( ;∀;)
 でも宿を手配するのが大変でした、どこも「満員です」って
 
 今日は月曜日でありながら多くの観光客が~ゲレンデも
 樹氷見学もいっぱいで・・・
 中国、台湾、韓国などから・・・・有難うございます

 しかしざんね~ん( ;∀;) 翌2月19日の降雨でほぼ全ての樹氷が
 崩壊したようです。
 なんとラッキーな私たちでした。
 


 

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ