あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

わさび田を抜けると天城山脈の長九郎山!

 ◆2019年2月27日(水)~3月1日:恒例の伊豆半島は暖かい別天地(^_-)-☆
 今回は伊豆稜線歩道の猫腰岳1,034m、天城山脈、長九郎山995m、
 「伊豆の踊子」の舞台となった旧天城峠トレッキングなど・・・
 
 例年この季節は河津桜が満開で平日ながら観光バスが~
 あいにくの天気でザンネン( ;∀;)

▼伊豆へ着くとまずは河津桜がお出迎え~さすがアッタカーィ( ^)o(^ )
 
▼初日の足慣らしは仁科峠から猫越岳1,034mへ、左奥が山頂
 素晴らしい展望で~
 
▼猫越岳山頂にて、残念ながら常緑樹に囲まれて見晴らしは得られない

▼下山途中から眺めた駿河湾沖を航行する大型タンカー(真ん中に見える)

▼1泊目は魚が自慢の西伊豆町、堂ヶ島温泉民宿へ
 でかいキンメ鯛の煮つけには皆ビックリ(*^_^*)

▼2日目は宿をゆっくり発ち長九郎山へ、林道途中から舗装路を歩き出す


▼車止めゲートをくぐるとすぐ山道への入口だ

▼清流が流れる渓谷を足元に見ながら登山口へと向かう.

▼山道に入ると椿が足元を飾る.

▼さすがに伊豆、沢の奥までワサビ田が開かれている

▼稜線付近になると美しいヒメシャラの林が現れる
 木肌はツルツルですぐ立派な床柱になりそう?で~

▼伊豆は樹林の山地、こ~んな太いブナの木が立っている
 
▼展望台があるが長九郎山も残念ながら雨模様で展望はお預け

▼下山途中で昼食をとる、やっぱりこれ、NHKの人気番組「まんぷく」で(^^♪

▼2泊目はかわいい若女将候補がお給仕してくれる河津温泉郷の宿へ

  ▼伊豆の3日目は二つの天城峠を周回する

▼旧天城峠は二本杉峠と呼ばれており二本の杉がシンボル

▼旧天城峠から天城峠間はほとんど水平、途中の古峠で休憩

▼「伊豆の踊り子」の舞台となった旧天城トンネル

▼帰る途中道の駅天城越えにてお土産と昼食を
 、さすが伊豆ワサビが一本付く


*「川端文学・伊豆の踊子」に魅せられて毎年訪れる
 山旅です、さすが小説での清純無垢とは数十年まえに縁を
 切った(笑)参加の皆さんでしたが~
 
 あいにくの天候でしたが十分、山仲間との交流をさらに深く
 楽しかったです。

 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
  
 
  

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ