あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

高曽根山の喜多方側ルート探し

◇2029年3月25日(月):高曽根山1,443mは登山道がなく積雪時のみ
 上れる山で、広い山頂からは氷結した檜原湖など素晴らしい展望の
 山です。
 一般的なルートは檜原湖の西岸、蘭峠だが今回は北西の喜多方市側
 から登るルートの確認です。

▼右側の茶碗を伏せたような山が高曽根山(こうぞね山)で
 喜多方市から見ると大仏山の右側に見える

▼田付川沿いの旧大峠への岩月町入田付、根小屋集落から入る

▼部落は地図上では10数軒ほどが有るが、冬場は何軒が暮らして
 いるのでしょうか?標高は570m位・・・雪は深い

▼間もなく大きな砕石場に着く(大型ダンプが頻繁に通り注意"(-""-)")

▼いよいよ林道から~

▼樹林帯から先に3つの山頂に続く尾根が望める

▼林業の盛んだった頃の営林署のカンバン

▼沢沿いはナダレ注意でなるべく底は歩けない
 正面の3つのピークを目指す

▼ダレ一人いない静かな贅沢を味わう(^_-)-☆

▼標高1150m地点で急斜面を目の前にして時間切れとなった
 後ろには飯豊山がマッ白に・・・

*地形図には林道が途中まで入っているが積雪の具合によって
 使えない、昔は山形を結ぶ街道と聞いたが・・・
 来年には積雪量を見ながら林道を素直に辿り再チャレンジしたい

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ