あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]
[05/15 ゆうこ]

秀麗な羊蹄山と尻別岳、ニセコアンヌプリへ

◆2018年7月10日(火)~13日:毎年恒例の北海道への山旅(^-^)
 福島空港からからあっという間に・・・・昔「北海道は梅雨
 が無くて(^^♪快適!!」なんて言ってた時代が有りましたが~
 今はそうでは無い様です
 今回は百名山の蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山1,898m、尻別山
 1,107m、ニセコアンヌプリ1,308mの三山にチャレンジしました

▼今回の宿は広大な畑越しに背後に羊蹄山が聳え立つ絶好の
 ロケーションのマッカリユースホステルに泊った

▼視界のない中ニセコアンヌプリの山頂近くに到達する

▼ニセコアンヌプリの山頂から見た羊蹄山の方向、残念ながら
 分厚い雲に覆われていた

▼この方向に羊蹄山が見えるはずだと指差しながらニセコアンヌプリの
 山頂にて記念写真を撮る

▼ニセコアンヌプリの下山中に晴れだしすぐ隣のイワオヌプリの
 全体像が見え出す

▼イワオヌプリは火山景観に支配された荒涼然とした山だ

▼あたりの視界が開けだし火山砂礫を踏んでイワオヌプリの山頂を目指す

▼先ほど踏んだニセコアンヌプリをバックに信じられないほど晴れた
 イワオヌプリの山頂にて記念撮影(^^♪

▼帰りがけの駄賃のもうひとつはその露天風呂からニセコアンヌプリが目の前に
 そびえ立つ姿が眺められる五色温泉にて入浴(^^♪

▼付録の帰りがけ駄賃は大湯沼へ

▼宿への帰りすがらに見たジャガイモ畑越しの別名蝦夷富士とも呼ばれる
 羊蹄山・・・いよいよ明日チャレンジするよ!

▼もうひとつの真狩の名所の細川たかし記念像と羊蹄山・・・オマケ

▼次の日は晴れ☼で早朝より本命の羊蹄山に挑戦

▼三合目付近から見た尻別岳~雲の上に浮かんでる

▼徐々に大気が不安定となり雲が多くなる( ;∀;)がまだ洞爺湖が
 足元に見えている

▼山頂付近に来たころはすっかり視界はなくなったが雨にはあわず
 岩場の難所もようやく通過

▼ようやく立てた羊蹄山の山頂

▼帰路に羊蹄山の避難小屋に立ち寄る

▼羊蹄山は登りも長いが下山も長い倒木を避けながら慎重に下降する

▼帰路途中ダケカンバの巨木を見る
 疲れた体に鞭打ちひたすら下降する▼右

▼登り終えたご褒美は休暇村支笏湖の宿

▼宿の夕食はバイキングで思い思いの好物を皿に取りまずは乾杯

▼最終日、登別温泉の地獄谷への観光へ(^-^)

▼戻ってきた新千歳空港内にてやっぱりラーメン

▼全員無事に登り終えて福島空港に向けて機上のひととなる
 
*福島空港9:45分発で北海道(新千歳)まで1時間チョットで
 PMからは行動が出来る、そう考えると北アルプス等へは片道6~
 7時間以上を要するので~北海道は時間的に近いと言える

 と言う訳で行程の変更など有りましたが無事で楽しんで
 来ました。

------------次の北海道//参加者募集中ですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 9月17日(月)~20日 
  「日本一早い紅葉は北海道の中心部・大雪山へ」
 *北海道の最高峰・大雪山旭岳2.291mへはロープウェイで
  1,620mまで行けるので初心者でも大丈夫です

 
ーーーーーーーーその他 紅葉シーズンのガイドプラン‐‐‐‐‐‐‐‐‐
9月
 3日-  6日:岩の殿堂・劔岳2,999mにチャレンジします
  11日-13日:みちのくアルプス神室連峰・主峰/神室山1,365m,小又山、火打岳
  25日ー28日:裏劔縦走・立山ー剣沢雪渓ー仙人池ー阿曽原小屋ー宇奈月温泉へ

10月
 1日ー3日:山形・朝日連峰縦走/竜門山~寒江山~以東岳~大鳥池へ  
 9日-11日:新潟、山形県境・飯豊の最北部/杁差岳(エブリサシ)
  15日-17日:新潟銀山平・本州最奥の秘境/未丈ヶ岳1,522mと荒沢岳1,968m
  20日(土)   :日帰りトレッキング 山形市・白鷹山996m
  30日ー1日  :秋の番屋山といにしえの秘境「八十里越え」新潟三条と只見を結ぶ

◆一般の人でも参加できます、詳細はお尋ね下さい
  あだたら登山学校 安部孝夫 ☎090-2028-9077
                                                     メール yama-tabi50515@ezweb.ne.jp

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ