あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[09/12 setokyouko]
[08/19 rikuro ito]
[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]

みちのくアルプス連峰の主峰・神室山と最高峰の小又山

◇2019年9月9日(月)~11日:強い台風15号が首都圏や房総半島を
 直撃しそうで計画運休など大混雑では有ったが、太平洋側に
 逸れて行きそうな予想であったための実施です

▼神室山と小又山の初日の足慣らしは金山町の薬師山へ、
 急登へ取り付く

▼短いながら急登にあえぎ山頂に近づくと金山町の市街地
 が俯瞰できる

▼薬師様が奉られている薬師山の山頂

▼下山後の昼食は山形の名産の蕎麦だ

▼初日は時間がたっぷりあるのでこの次は投宿したい
 肘折温泉の見学へ

▼2日目はいよいよ本番の神室山1,365mへ、暗いうち
 から歩き出す

▼尾根に取り付くまで枝沢を三度渡渉する

▼尾根に取り付き春日様が現れると稜線は近い

▼稜線は残念ながらガスの中で視界は無かった
 
▼苦労して立った神室山の山頂にて・・・お疲れ様でした

▼帰路途中の稜線上にあるレリーフピークにて登山の安全下山を
 祈願する

▼尾根の途中から眺めた神室山の山頂部と避難小屋

▼神室山は巨木が多く2名が優に入れる洞が開いた
 巨樹に立ち寄る

▼やや時間がかかったが神室山無事下山(^^♪

▼神室山下山後の二泊めは義経&弁慶伝説で知られた
 瀬見温泉まごろく旅館へ

▼3日目の小又山1,367mは強い雨のため雨の降らない天童へ
 と移動しジャガラモガラ経由で雨呼山へ
 
▼登路途中で熊よけにバラ線が巻きつけられた道標を見る
 コワーィ

▼バラ線には熊の毛が付着(-"-)

▼雨呼山の山頂付近で見たイソギンチャク状のブナの木

▼雨呼山山頂のブナの木は休憩にいいす(椅子)ねぇ~(笑)

▼雨呼山の山頂にて、効果抜群の山で下山途中でモーレツな
 雨にたたられた(笑)

▼夏の名残の花や秋のキノコなどを観る

*台風はどうなるのか?と心配でしたが・・・・いやはや私たち
 の登山はご覧の通りです。
 やはり「二百十日」でした、一週間も経とうとしているのに
 千葉県や東京都では未だ電気の無い生活をしており、本当に
 お見舞い申し上げます。特に残暑厳しいのにエアコンが無い、
 水道水もない等で復旧の見通も立たず~

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ