あだたら登山学校・東北の山旅

 東北の山旅と山岳ガイド// 〒969-1103福島県本宮市仁井田字下ノ原28-73 eメール yamatabi@cameo.plala.or.jp

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
安部 孝夫
性別:
非公開
自己紹介:
登山ガイドです
JMGA/東北マウンテンネットワーク所属
特に自然豊かな東北の山岳をご案内いたします

ブログ内検索

最新コメント

[09/12 setokyouko]
[08/19 rikuro ito]
[05/04 瀬戸恭子]
[09/10 東京からのお姉さん]
[05/26 isisan]

玉川温泉~焼山、後生掛ー八幡平~安比高原へ

◆2019年9月21日(土)~23日:秋色がスタートしだす秋田、岩手
 県境で東北最大級の火山地域、十和田八幡平国立公園の温泉も
 オマケのトレッキングです。また台風17号の発生でどう影響が出るのか?
 心配しながらのスタートにはなりましたが・・・

▼当初、玉川温泉からの予定でしたが背丈以上の笹ヤブ
 急登は大変なので後生掛温泉からにしました
 あっ、昔の登山道は温泉改築で通れません(-"-)

▼サスガ有数の温泉場、アチコチでボコボコ
 ブクブク沸いて・・・

▼3連休の初日ですが、登山者は女性3人組だけで~
 
▼しばらくは樹林帯を涼し気に歩く、登山道は
 荒れてなくて歩き易い(^^♪

▼今の季節はオヤマリンドウくらいしか

▼もうせん峠、展望台まで来ると展望が一気に開ける(^_-)-☆
 記念に残る風景を~

▼避難小屋が小さく見え出すと足取りも軽く・・・

▼何とかなく周りは秋色になり始めていた

▼玉川、後生掛温泉の中間地点


▼ウーン見ごろはあと10日後か?

▼この辺りは一日中、ノンビリしていたい気持ちになる
 素晴らしい場所だ(^^♪

▼焼山避難小屋は立派、まだ2年目で

▼この周辺は今日イチバンの見所だ
 

▼メンバーの足取りも軽そう

▼アチコチに鬼ヶ城という場所はあるが、何れも
 普通ありふれた地形ではない//しかし素晴らしい展望です
 岩木山、八甲田、白神山地まで見渡せ(^^♪

▼昔の登山道を辿ってみる

▼もう少しでもっと展望のいい場所への上り( ;∀;)

▼台風が九州、西日本に上陸したころの時間帯だ!
 暑くも寒くもないいい登山日和で~

▼湯沼は生きている、ブクブク、ボコボコ地球の胎動を
 感じる(^^♪

▼展望台で記念写真

▼そしてゴールの玉川温泉だ、濛々と湧き上がる湯気の中
 を・・・多くの湯治客が地熱に~


▼2日目、後生掛温泉を出て大深温泉に向かう、秋色のスタート

▼そして、アレアレといううちに八幡平山頂に着いて
 しまった、苦しい登りは無かったのに。皆んなの笑顔は
 どこの山頂でも同じだ(^.^)

▼八幡沼わきの陵雲荘をめざす

▼若い女性4人が若者らしいランチタイムをとっていた
 私たちも昼食を~

▼黒谷地湿原は秋色がスタートしてて

▼茶臼岳山頂1,578mはガスの中~あいにくのカッパ姿
 でも全員歩けヨカッタ(^^♪
 天気さえ良ければ真正面に岩手山、もっこ岳など裏岩手縦走路
 など展望できる素晴らしい所なんですが・・・

▼2泊目はガイド仲間の安比高原、ペンション・アルペジオ

▼生ビールでカンパーイ、今日もお疲れ様でした
 この時が一番モリ上がりますね(笑)
 
▼なんとサンマ、ホタテ、エビなど数々の海産物に肉、野菜の
 ボリューム満点のバーベーキュー(凄)2種類のおにぎり
 は余ってしまい( ;∀;)

*いつもの様、ひと際目立つピークを目指す登山では無く
 火山地帯の温泉場をつなぐ山旅でした、まだ紅葉には1w程
 早かったですが、あの混雑の中を歩くのではなく静かで
 自然を独り占め出来そうな・・
 3日目:台風17号の影響で雨・・・残念ですが今日の予定を
 中止し福島市で今日まで開催している「東北山岳写真家集団
 福島」主催の六人展を見学でした。 
 
 
 
 

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©安部 孝夫, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ